日本国国旗

在ケニア日本国大使館は、エリトリアセーシェルソマリアを兼轄しています。

文字サイズ変更

ラマダン期間中のテロ発生に注意!(その2)

6月12日に米国フロリダのナイトクラブで銃乱射テロが発生し、6月28日にはトルコの国際空港で爆弾テロが発生しました。
ケニア国内においても、ラマダン期間(6月6日~7月7日頃)に入って以来、マンデラ郡等のケニア北東部やラム郡等のケニア沿岸部でアル・シャバーブによるものとみられるテロやテロ未遂が発生しています。
それを受けて、各国はケニア国内での警戒をさらに強めております。
(最新の諸外国の注意喚起は以下6月30日、米国務省発、ケニア宛渡航情報を参照)
https://travel.state.gov/content/passports/en/alertswarnings/kenya-travel-warning.html
 
在留邦人の皆様におかれましては、引き続きテロに対する警戒をお願いいたします。
テロの標的となりやすい場所(宗教関連施設、政府、軍、警察関係施設、欧米施設、デパート等不特定多数が集まる場所)を訪れる際には、周囲の状況に注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れるようにしてください。

領事・警備班