日本国国旗

在ケニア日本国大使館は、エリトリアセーシェルソマリアを兼轄しています。

文字サイズ変更

ラマダン期間中のテロ発生に注意!(その3)

またしても痛ましいテロ事件がバングラデシュとイラクで起こってしまいました。
ラマダン期間(6月6日~7月7日頃)に入り、ケニア北東部やソマリアにおいてもテロの発生件数が増加しています。
在留邦人の皆様におかれましては、引き続きテロに対する警戒をお願いいたします。
まずはテロや犯罪に巻き込まれない(近づかない)努力をし、不幸にして巻き込まれてしまったら、自分の命を最優先にその場から逃げる努力をしてください。
 
〈繰り返しお伝えします。〉
テロの標的となりやすい場所(宗教関連施設、政府、軍、警察関係施設、欧米施設、デパート等不特定多数が集まる場所)を訪れる際には、混み合う時間帯をなるべく避け、周囲の状況に注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れるようにしてください。

領事・警備班