日本国国旗

在ケニア日本国大使館は、エリトリアセーシェルソマリアを兼轄しています。

文字サイズ変更

イエメン戦闘激化に伴う周辺国に対する注意喚起

対象地域:ソマリア、エリトリア、サウジアラビア、イエメン、ジブチ
イエメンでは,反政府武装勢力とサウジアラビア等連合軍の支援を受けた政府軍との間で戦闘が激化する等極めて不安定な状況にあり,その影響が周辺地域・海域にも及ぶおそれがありますので,十分注意してください。特に、在ケニア日本国大使館が兼轄しているソマリア、エリトリアにおいては注意が必要です。
 
1 イエメンでは,2014年9月以降,反政府武装勢力のホーシー派が首都サヌアを占拠し,現在も,サウジアラビア等連合軍の支援を受けた政府軍と,ホーシー派を始めとした反政府勢力との間での戦闘が継続しており,イエメン及び一部周辺地域は極めて不安定な状況にあります。イエメンについては,2011年以降,全土に対して,危険情報「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」を発出しています。周辺地域,海域への渡航・航行の際には十分注意してください。
 
2 イエメン国内では,2015年3月以降,空爆も交えた戦闘が各地で続いており,最近激化しています。また,一部周辺国や紅海,バブ・エル・マンデブ海峡といった周辺海域で反政府勢力支配地域からの攻撃が発生しています。10月の主な事案は以下のとおりです。
●10月1日,アデン湾と紅海を結ぶバブ・エル・マンデブ海峡を航行中のUAEの輸送船が,ホーシー派による攻撃を受ける事案が発生。
●10月8日,サヌアの弔問会場に対する攻撃事案が発生。
●10月9日,サウジアラビアのターイフに向け,ホーシー派がミサイル攻撃を行う事案が発生。
●10月9日及び12日,紅海を航行中の米軍艦船が,反政府勢力支配地域沿岸部からの攻撃を受ける事案が発生。
●10月13日,米軍艦船が沿岸部のレーダー施設3か所を攻撃。
 
3 なお,各国については,別途危険情報が発出されていますので,併せて留意してください。
(1) イエメン:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2016T066.html#ad-image-0
(2) サウジアラビア:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2016T125.html#ad-image-0
(3) ジブチ:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo_2016T162.html#ad-image-0
(4) ソマリア:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_110.html#ad-image-0
(5) エリトリア:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_139.html#ad-image-0
 
(問い合わせ先)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903
 
(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省海外安全ホームページ
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)
○在ケニア日本国大使館
 住所:Mara  Road  Upper  Hill  Nairobi  Kenya
 電話:020-289-8000
    国外からは+254-20-289-8000
    http://www.ke.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

領事・警備班