日本国国旗

在ケニア日本国大使館は、エリトリアセーシェルソマリアを兼轄しています。

文字サイズ変更

高田大使のマザレ・スラムの小学校視察

高田大使は2012年5月28日、ナイロビで2番目に大きいと言われるマザレ・スラムを訪問し、我が国の支援によりWFPが実施している学校給食支援事業を視察しました。

この事業は、ケニア国内の旱魃被害を受けた地域及びナイロビのスラムの学校を対象として、より多くの子供達が学校に入り、授業に出席し、卒業することを促進するために、一日に1回の給食の提供を支援する事業です。日本政府は平成23年度の補正予算により25万米ドルの支援を行っています(同補正予算でのWFP経由食糧支援全体額は650万米ドル)。

1日の食事がこの給食だけとなる子供たちもいる中、多くの子供達が元気に学業に専念していること、統率の取れた形で団体行動をしている様子を通じて、本支援事業が子供達の健康、教育に大変役立っていることが確認されました。

マザレ・スラムの様子

授業を行う教室を視察する高田大使

給食の調理を手伝う高田大使(右はキロンゾ教育大臣)。 調理担当者は毎朝6時台から作業を始めます。

給食を受け取るため一列に並ぶ生徒たち

給食を手渡すキロンゾ教育大臣

給食を盛りつける高田大使。給食はメイズ (トウモロコシの一種)と豆類をゆでて塩・油で 調味したもの。

日本の支援で地元(ケニア近隣国を含む)から 調達された食糧(メイズ、豆、油) < Copyright: WFP/David Orr>

給食を受け取って笑顔を見せる生徒

食糧引渡式の様子(写真左から:シバンダWFPケニア事務所長、キロンゾ教育大臣、高田大使、ヤトール教育省教育副局長)

日本の支援に対して感謝の寸劇(ダンス)を披露してくれた生徒たち

おすすめ情報

日本・WFP・ケニア政府から、学校の生徒たちへ食糧を手渡しました。

引渡式の様子を興味津々で見に来ていた生徒たち