日本国国旗

在ケニア日本国大使館は、エリトリアセーシェルソマリアを兼轄しています。

文字サイズ変更

草の根・人間の安全保障無償資金協力 2010/2011

タイトル

青少年エンパワーメントセンター施設整備計画に対する草の根・人間の安全保障無償資金の贈与契約署名式

日付

2011年3月14日

場所

在ケニア日本国大使館

案件名

青少年エンパワーメントセンター施設整備計画                

供与金額

US$ 80,136

出席者

概要

 

 

 

 

 

 

在ケニア日本国大使館において、日本の草の根・人間の安全保障無償援助による「青少年エンパワーメントセンター施設整備計画」の署名式が行われ、高田大使及び松浦書記官が出席しました。

本案件では、イースタン州にてストリートチルドレンを対象とした孤児院を運営する青少年エンパワーメントセンターが、ストリートチルドレンの保護・更正を行う同施設に収容されている青少年に十分な職業訓練環境を与えるため、大工・溶接の作業場及び美術・音楽教室を改修し、職業訓練関連機材を購入するものです。

今回の署名式では、ストリート・ファミリーズ・リハビリテーション財団の理事であり、前ナイロビ市長でもあるナザン・カハラ氏が日本政府への謝辞を述べました。中でもストリートチルドレンを対象にした孤児院の職業訓練施設を充実することはケニアのストリートチルドレンの更正を図り、経済的自立を促進すると語りました。

急速な経済成長を遂げているケニアでは、都市部と農村部の貧富の格差が年々拡大傾向にあり、貧困の中やむなく農村部の子どもたちが都市部へ単独で出るケースや、家庭内暴力等により家を出ざるを得ないケース、或いはHIV/エイズ感染によって親を早期に亡くした孤児などが都市部に出るケースが増加しており、ケニアの社会問題となっています。同国には、ストリートチルドレンが30万人以上いるとされており、HIV/エイズ感染で親を失った子供達は数多く存在しています。

 

写真

贈与契約書の交換 左:被供与団体代表、中央:ナザン・カハラ前ナイロビ市長、右:高田大使

青少年エンパワーメントセンター内大工作業場の様子

大工作業の訓練の様子