日本国国旗

在ケニア日本国大使館は、エリトリアセーシェルソマリアを兼轄しています。

文字サイズ変更

草の根・人間の安全保障無償資金協力 2012/2013

タイトル 平成24年度 草の根・人間の安全保障無償資金協力6案件((贈与契約署名式)
日付 2013年2月20日
場所 在ケニア日本国大使館多目的ホール
案件名・
供与金額
  1. エンカジ・ナイボア小学校拡張計画(117,126米ドル)
  2. キトゥイ水供給設備及び環境研修センター建設計画(96,664米ドル)
  3. ネーマ病院拡張・機材整備計画(122,810米ドル)
  4. プタルコン小学校拡張計画(143,002米ドル)
  5. 聖トーマス・アマゴロ女子中等学校拡張計画(109,898米ドル)
  6. マクエニ県ンジウ及びエマリ地域給水計画(109,775米ドル)
出席者
概要  平成24年度の草の根・人間の安全保障無償資金協力案件6件に対する署名式が在ケニア日本国大使館において行われ、高田大使と各被供与団体の代表者が贈与契約書に署名しました。この6件の内訳は、教室・職員室やトイレ等の建設を行う教育案件が3件(エンカジ・ナイボア、プタルコン、聖トーマス・アマゴロ)、砂ダムの建設(マクエニ)と貯水施設の建設(キトゥイ)を主とする水案件が2件、そして医療施設の建設と機材の整備(ネーマ)が1件です。
 
 署名に引き続いて、代表者6名から日本政府の支援に対する謝辞と、1年という期限内の案件完了を約束する旨が述べられました。これに対して高田大使は、6団体が年間約300件以上にのぼる申請の中から選ばれたことへの祝辞を述べるとともに、各団体が期限以内にそれぞれの案件を完了させ、案件によって建設される施設が地元の人々の生活改善に繋がることを期待する旨が伝えられました。
 

写真

エンカジ・ナイボア小学校拡張計画(シニニ委員長)

キトゥイ水供給設備及び環境研修センター建設計画 (グリーンアフリカファンデーション カルア代表)

ネーマ病院拡張・機材整備計画(ワンジョヒ管理担当理事)

プタルコン小学校拡張計画(カリキ委員長)

聖トーマス・アマゴロ女子中等学校拡張計画 (オムニィン会長)

マクエニ県ンジウ及びエマリ地域給水計画 (ウトオニ開発機構 ムネーネ代表)

高田大使のスピーチ

6団体の代表者と高田大使(中央)