日本国国旗

在ケニア日本国大使館は、エリトリアセーシェルソマリアを兼轄しています。

文字サイズ変更

草の根・人間の安全保障無償資金協力 平成27年度 草の根・人間の安全保障無償資金協力案件の贈与契約署名式開催

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
タイトル 平成27年度 草の根・人間の安全保障無償資金協力案件の贈与契約署名式開催
日付 2015年12月8日
場所 在ケニア日本国大使館
案件名/
供与金額
マンゴト小学校拡張計画 (84,745米ドル)
出席者
【概要】
 平成27年度の草の根・人間の安全保障無償資金協力案件に関する贈与契約署名式が在ケニア日本国大使館において行われ、寺田大使と被供与団体の代表者が贈与契約書に署名しました。本件の分野と内容は、以下のとおりです。
 
分野 案件名 被供与団体 郡/県
教育/
研修施設
マンゴト小学校拡張計画 マンゴト小学校 ムランガ郡
マクユ地区
 
 
 マンゴト小学校は2012年に設立された公立小学校であり、PTAからの寄付によって建設された仮設教室で合計528名の児童が学んでいます。本件では、児童の学習環境の改善を目的に、教室8室・トイレ8基・貯水タンク1基を建設し、児童用の机や椅子も供与します。マンゴト小学校のンゲチュ校長先生からは、常設教室がない現状について説明があった後に、日本政府に対する謝辞が述べられました。
                                      
 署名後、寺田大使から被供与団体に対し、年間450件におよぶ応募の中から本案件が選ばれたことに対する祝辞が述べられました。本プロジェクトの完成期限は、1年後の2016年12月7日です。
 
昼食時には、ケニアに進出しているTERIYAKI JAPAN(株式会社トリドール)の鶏のテリヤキ弁当が提供され、経済協力班班長の山名書記官から日本食についての紹介がありました。被供与団体関係者にとっては、日本食を食べる初めての機会となりました。
 

写真

歓談する寺田大使と被供与団体関係者

歓談する寺田大使と被供与団体関係者

贈与契約書への署名

寺田大使・山名書記官と団体関係者による記念写真