日本国国旗

在ケニア日本国大使館は、エリトリアセーシェルソマリアを兼轄しています。

文字サイズ変更

人間の安全保障草の根無償資金によるケニア主要幹線路ウェルネスセンター設置計画の完成・引渡式

Grant Assistance for Grass-roots Human Security Projects 2010/2011


Title

人間の安全保障草の根無償資金によるケニア主要幹線路ウェルネスセンター設置計画の完成・引渡式

Date

2011年4月18日

Location

リフトバレー州ナイバシャ県マヒマユ

Project title

ケニア主要幹線路ウェルネスセンター設置計画

Amount

US$ 76,191

Attendance

地元住民など合計約200名

Main activity

山田公使はリフトバレー州ナイバシャ県マヒマユにおいて人間の安全保障草の根無償資金を通じて資金供与が行われたケニア主要幹線路ウェルネスセンター設置計画の完成・引渡式に参加しました。

ナイロビに拠点をおくNGOノーススターアライアンスは2010年3月に草の根無償資金(580万ケニアシリング)を供与し、運搬用のコンテナーを購入・改造したウェルネスセンターがケニアの主要幹線路4箇所、リフトバレー州のバーンド・フォレスト、マヒマユ、ナマンガ及びイースタン州のイマリに設置された。これらのセンターではトラックの運転手やセックス・ワーカー及び地元住民に対し、HIV/AIDSの自発的検査及びカウンセリングサービスや基礎的医療サービスを提供します。今回完成した4箇所に加えて、ノーススターではケニアにおいてすでに3箇所で同様のセンターを運営しています。

山田公使はプロジェクトのタイムリーな完成に対し祝辞を述べ、このウェルネスセンタープログラムはHIV/AIDSの感染危険率の高いとされているトラック運転手などに対する感染率の低下に大きな影響を与えることを期待していると述べました。

マヒマユの新ウェルネスセンターにおいて祝辞を述べる山田公使

公衆保健衛生省のアクワレ医師とウェルネスセンターを正式にオープン

ノーススターアライアンス、東アフリカマネージャーのムワイ氏からウェルネスセンターの活動について説明を受ける山田公使