日本国国旗

在ケニア日本国大使館は、エリトリアセーシェルソマリアを兼轄しています。

文字サイズ変更

草の根・人間の安全保障無償資金協力 2011/2012

タイトル

ウィリーズ小学校拡張計画に対する草の根・人間の安全保障無償資金の引渡式

日付

2013年10月31日

場所

イースタン州 タラカ ニティ郡 マーラ県  ムザンビ地区 マリマ

案件名

ウィリーズ小学校拡張計画                

供与金額

111,178米ドル (9,894,842円)

出席者

合計約550名

概要

 

 

 

 

 

 

2012年2月に贈与契約の署名式を行った「ウィリーズ小学校拡張計画」がこのほど完了し、山名書記官が出席し、引渡式が行われました。  

 

本計画では、全校児童のおよそ半分以上を占める孤児が通う同校が資金不足で施設の整備を行えず、隣接の教会のホールを間仕切りして仮設教室として使用している同校とその児童達のために、教育環境の改善を図るべく、教室6室、職員室1棟を建設し4教室を改修した上で、机などの教育関連資材、電気の導入及び貯水タンクを設置し拡張整備を行いました。

 

山名書記官は会場に到着後、拡張された学校施設を視察しその後、テープカットを行い、カレケ国会議員と共に銘板の除幕を行いました。続いて児童達による感謝の思いを込めた歌と踊りで式が始まり、パグワ氏をはじめ、多くの来賓の方々のスピーチでは、日本の支援について謝辞が述べられました。

 

これに対し山名書記官は、スワヒリ語を含めたスピーチを行い、会場を沸かせました。その中で、本計画が完了したことへの賛辞を述べるとともに、その実現のために様々な問題を克服しながら完成に導いた関係者の労をねぎらいました。更に児童達へは、この関係者の労を忘れず、今まで以上に勉学に励み、郡において成績および振る舞いともに秀でた学校となって欲しい、と呼び掛けました。山名書記官は握手を求める笑顔いっぱいの児童たちや多くの保護者及び地域の人々に囲まれながらウィリーズ小学校を後にしました

 

写真

完成した小学校校舎と職員棟

完成した小学校校舎と職員棟

山名書記官によるテープカット

山名書記官とカレケ国会議員による銘板の除幕

視察の様子(書記官・校長・団体代表・副司教および関係者)

カレケ国会議員より記念品と感謝状が贈呈される

カレケ国会議員より記念品と感謝状が贈呈される

スピーチを行う山名書記官

スピーチを行うカレケ国会議員

感謝と喜びを歌と踊りで表現する児童たち

おすすめ情報

日本ケニア外交関係樹立50周年記念バッジの贈呈

ウィリーズ小学校児童に囲まれる山名書記官