日本国国旗

在ケニア日本国大使館は、エリトリアセーシェルソマリアを兼轄しています。

文字サイズ変更

草の根・人間の安全保障無償資金協力 2012/2013

タイトル ユヤ小学校再建計画に対する草の根・人間の安全保障無償資金の引渡式典
日付 2014年5月27日
場所 トランス・ンゾイア郡 トランス・ンゾイア・イースト県 カプラマイ地区 
ユヤ村 ユヤ小学校
案件名 ユヤ小学校再建計画
供与金額  112,423米ドル(9,106,263円)
出席者
合計約1,000名
概要 2013年2月26日に在ケニア日本大使館にて贈与契約の署名式を行った「ユヤ小学校再建計画」がこのほど完了し、トランス・ンゾイア郡にて引渡式典が行われ、森公使が出席しました。
 
本計画は、老朽化して危険な土壁造りの校舎で学んでいた同校児童達のために、新校舎(8教室及び職員室)とトイレ棟(エコサントイレ8基)を建設し、机等の教育関連資材を整備することで、児童に安全で適切な教育環境を提供するものです。
 
森公使は会場に到着後、記念の植樹を行い、完成した施設を視察した後、テープ・カットと銘板の除幕を行いました。式典では児童達による歌や感謝の踊りが披露され、ブイェラ・サム・ムトゥリ郡議会議員をはじめ多くの来賓が、日本の支援について謝辞を述べました。
 
これに対し森公使は、スピーチにおいて、本計画が約束どおり1年で完了したことへの賛辞を述べるとともに、その実現のために様々な課題に直面したであろう関係者を労いました。
 
更に本年1月の、アディス・アベバにおける安倍総理のアフリカ政策スピーチの中の「若者達に明るい未来を示せるなら、アフリカの未来もまた、明るいものになります。」という一節を紹介し、本計画で新しくなった学校の施設によって児童達の学習意欲と成績が向上することと、それがアフリカの未来を担う、彼らの将来への可能性を広げることへの期待を述べました。
 

写真

記念植樹を行う森公使

テープ・カットを行う森公使

新教室を視察する森公使

黒板に「ユヤ小学校の皆さん、しっかり学んで親孝行出来る、良い子になってください。」と書き残す森公使

児童達による感謝の歌と踊り

森公使によるスピーチ

森公使から校長への鍵の引渡し

ユヤ小学校児童達に囲まれる森公使