新型コロナウイルス(規制強化に関する政府発表)

2021/7/30

30日、ケニア政府は、新型コロナウイルス規制強化に関する発表をしました。主な規制強化措置は以下のとおりです。今回やこれまで同様、当地外交団等に対して何ら予告なく、ケニア側措置が突然変更される可能性もありますので、引き続きケニア政府の発表等に留意いただきますようお願い致します。

詳細は、下記のサイトをご参照下さい。

https://www.facebook.com/MinstryofHealthKE/photos/pcb.4627247020653618/4627246257320361/

 

 

1 公共の場での集まりや対面式での会議開催は、その内容を問わず、国全体で停止する。これに関連して、政府間の会議を含むすべての政府機関の会議や会合は、オンラインで実施するか、または延期されなければならない。

 

2 国内全土に実施されている夜間外出禁止令の時間帯は、午後10時から翌朝午前4時までとし、追って通知があるまで継続する。これはビクトリア湖岸地域(13郡)の各郡にも適用される。

 

3 感染の可能性が高いとされている混雑した場所を避けること。

 

4 国内におけるあらゆる形式の物理的・集団的な礼拝(教会、モスク、寺院)は、宗教委員会(Inter-Faith Councilの規則に従って許可される。対面式の礼拝は、保健省のガイドラインと規則を厳守し、会場の収容人数の3分の1以下とする。

 

5 屋内では、COVID-19の感染リスクを低減するために、同一世帯以外の人との間に少なくとも1メートルの物理的な距離を保ち、手指の衛生と咳に注意すること。

 

6 すべてのレストランや飲食店は、保健省が提供する規則を厳守して営業すること。

 

7 官公庁、民間企業を含むすべての雇用者は、追って通知があるまで、必要不可欠なサービスに従事する従業員を除き、従業員の在宅勤務を許可すること。

 

8 すべての医療従事者は、最近改訂された保健省の「COVID-19が疑われる/確認された患者の症例管理のための国家ガイドライン」を使用するよう指示されている。一般市民は、自分の判断で薬を服用したり、市販の薬を使用したりしないこと。