ソマリア連邦共和国は、在ケニア日本国大使館が管轄しています。

大使ご挨拶


  この度ケニア大使に就任した堀江良一です。これまで欧州,北米,アジア,大洋州の国に勤務した経験がありますが,アフリカとの関係が一番長くなりました。最初の在外勤務はナイジェリア(1982年~84年)で,最初の大使ポストはスーダン(2012年~14年)でした。ケニアがアフリカ3ヶ国目の勤務地になります。また外務本省では様々なポストに就きましたが,アフリカ担当課勤務時代にはアフリカ15カ国を訪問しました。ナイロビには数回訪問したことがありますが,最後の訪問は約30年前になります。今回久しぶりにケニアを訪れ,その発展ぶりに驚いています。
 
 ケニアはアフリカの最重要国の一つであり,政治的,経済的,文化的側面において,また日本との関係においても,ケニアの重要性はますます高まっています。日本は価値観を共有する信頼できるパートナーとしてケニアの発展のために協力して来ています。日本政府は,政府開発援助(ODA)を始めとする様々なツールを通じて支援を行っており,ケニアはサブサハラ・アフリカ諸国の中で我が国ODAの最大の受益国となっています。また多くの日本企業・団体・個人がケニアに進出し,ケニア経済の発展に貢献しています。また,当館はケニアの他に,エリトリア,ソマリア及びセーシェルも管轄しております。私は,日本大使館の総力をあげて,また全ての関係者の皆様と協力しながら,日本とケニア,エリトリア,ソマリア及びセーシェルとの更なる友好関係促進のため,微力ながら全力を尽くしていく所存ですので,どうか宜しくお願い申し上げます。
 
駐ケニア日本国特命全権大使 堀江良一