日本国国旗

在ケニア日本国大使館は、エリトリアセーシェルソマリアを兼轄しています。

文字サイズ変更

草の根・人間の安全保障無償資金協力 平成27年度 草の根・人間の安全保障無償資金協力案件の贈与契約署名式開催

  • 寺田大使とキデロ・ナイロビ郡知事との会談の様子
  • 贈与契約署名式後に握手を交わす寺田大使とキデロ・ナイロビ郡知事
  • ナイロビ郡庁舎の前で握手を交わす寺田大使とキデロ・ナイロビ郡知事
タイトル 平成27年度 草の根・人間の安全保障無償資金協力案件の贈与契約署名式開催
日付 2016年3月16日
場所 ナイロビ郡庁舎
案件名/
供与金額
ナイロビ郡における中古消防車再利用計画
(66,381米ドル)
出席者
【概要】
 平成27年度の草の根・人間の安全保障無償資金協力案件に関する贈与契約署名式が、ナイロビ郡庁舎において行われ、寺田大使とキデロ・ナイロビ郡知事が贈与契約を締結しました。本案件では、日本からの中古消防車を合計4台(水槽付ポンプ自動車3台、化学消防自動車1台)供与し、ナイロビ郡で使用されます。加えて、日本から専門家が派遣され、供与される消防車の取扱方法等に関する技術指導が行われます。供与金額は、66,381米ドル(7,301,910円)です。案件の分野と内容は、以下のとおりです。
  
分野 案件名 被供与団体
防災 ナイロビ郡における中古消防車再利用計画 ナイロビ郡
                                     
 キデロ・ナイロビ郡知事からは、日本政府に対する謝辞が述べられるとともに、「ナイロビ郡では、現在6台の消防車が使われているが、まだまだ必要台数には達していない。日本から供与を受ける4台が、郡の目標台数到達のための一歩になることを期待したい。」と述べました。
 
 寺田大使は、2013年(ジョモ・ケニヤッタ国際空港)と2014年(キベラ)で発生した大規模火災について言及し、「ナイロビ郡内の人口密度は高く、今回供与される4台の消防車が東アフリカ最大の都市、ナイロビ郡を訪れる人々のために有効活用されることを願います。」と述べました。また、今年8月にナイロビで開催されるTICAD IV(第6回アフリカ開発会議)について、アフリカの各国のリーダーや日本の関係者が大勢ナイロビを訪れることを説明し、4台の消防車の引渡式をTICAD IVの直前に行いたい旨、伝えました。
 

写真

贈与契約書にサインする寺田大使とキデロ・ナイロビ郡知事