新型コロナウイルス対策(ワクチン未接種者に対する行動制限)

2021/12/23
● 11月23日付、「新型コロナウイルス(新たな対策に関する政府発表)」でご案内のとおり、ケニア政府は、政府のサービスを受ける場合は、2021年12月21日までにCOVID-19予防ワクチン接種を受け、その証明書を入手すること等と発表しています(詳細については、下記のケニア保健省ウェブサイトをご覧下さい)。
https://www.health.go.ke/wp-content/uploads/2021/11/NERC-update-on-COVID-19-21ST-November-2021.pdf
 
● 本23日付の報道によれば、ワクチン接種証明書提示義務は、ホテル、パブ、バー、ラウンジ、カジノ、ゲーム場、スーパーマーケット、国内フライト、マタツ(市内バス)、バス、ボダボダ(バイクタクシー)、電車、タクシーでも適用される旨、保健省が発表した等と報じられています。
 
● 今回やこれまで同様、当地外交団等に対して何ら予告なく、ケニア側措置が突然変更される可能性もありますので、引き続きケニア政府の発表等に留意いただくとともに、無用なトラブルを避けるため、今後、外出される際は、ワクチン接種証明書の常時携行をおすすめします。