草の根・人間の安全保障無償資金協力プロジェクト贈与契約署名式 -コブジョイヘルスセンター

2019/3/11
2019年3月11日、片山臨時代理大使は、平成30年度草の根・人間の安全保障無償資金協力「コブジョイヘルスセンター手術室建設計画」(被供与団体:コブジョイヘルスセンター)の贈与契約に署名しました。契約額は88,666米ドルで、手術室建設、手術室機材設置が予定されています。
 
被供与団体はナンディ郡アルダイ県にあり、地域住民約4,000人に保健サービスを提供する民間ヘルスセンターです。手術設備がないため、交通事故、複雑出産、毒蛇にかまれるなど手術が必要な場合には、患者は約40km離れた病院まで行かなければならず、交通費が工面できずに傷病を放置し悪化させる例が多くあります。このため被供与団体は手術室建設を計画し、地域住民からの協力で建物の基礎工事までを終えましたが、資金が途絶えたため完工に至っていません。手術室の建設により、地域住民は長距離移動をせずに外科処置を受けることが可能となります。